研究会の紹介

会長 内山治夫

愛知高齢者福祉研究会(通称:愛知高齢研)は、高齢者医療・福祉についてさまざまな角度から実践的な研究を行うために保健・医療・福祉などの職種と当事者など幅広く会員を募り運営されています。

今まで本研究会で取り組んだ研究内容としては、国の医療や年金、介護などの政策動向の研究、老人ホームや老人保健施設などの見学や問題の研究、地域で具体的に取り組んでいる在宅ケアの実践報告、また諸外国の高齢者医療・福祉の現場を視察した会員による報告などです。

理念と目的

会員は高齢者医療・福祉の研究者から現場の実践者、高齢者医療・福祉に関心のある一般の方々まで、さまざまな立場の方が参加しています。保健・医療・福祉などさまざまな側面から、高齢者が生きがいを持って豊かに生きていくための課題を研究していきたいと考えています。

沿革

愛知高齢者福祉研究会は、1980年7月に発足した東海老人問題研究会と1984年12月に発足した全国老人問題研究会愛知支部の研究活動を礎にして、1989年5月に発足しました。

愛知高齢者福祉研究会が発足してからの25年間は、高齢者をめぐる状況が激しく変化する時代でした。特に2000年4月からは介護保険が実施され、高齢者医療・福祉のあり方も大きく変わりました。また、2008年4月からは後期高齢者医療制度が開始されています。

私たちは、このような時代のニーズに応じた研究実践を、今後も行っていきたいと考えています。