活動紹介

朝日高齢者福祉セミナー

「朝日高齢者福祉セミナー」は、愛知高齢者福祉研究会発足時(1989年)から、朝日新聞厚生文化事業団・朝日新聞社と共催しています。以前は3~5日間の日程で開催していた時期もありましたが、この10年程は年に1回、日曜日の午後の開催で定着しています。本セミナーは、毎年多くの協賛団体・後援団体のご協力を得て、伏見の朝日会館15階「朝日ホール」で開催してきました。

例会

「例会」は年3回程度開催しています。例会の内容や講師の選定は役員による「運営委員会」で検討を行い、高齢者医療・福祉に関する、その時々のトピックスを中心にした勉強会として開催しています。

愛知高齢研ニュースの発行

年に4回程度、機関紙である「愛知高齢研ニュース」を発行しています。内容は例会や朝日高齢者セミナーのご案内・報告、会員の寄稿、高齢者医療・福祉に関する情報提供が中心となります。また有識者による多くの連載記事を掲載してきました。

研究誌の発行

2014年度より研究者や医療・福祉現場で実践されている会員の皆様を対象にして、投稿論文等を募り「研究誌」を発刊しています。
「研究誌」に掲載される論文は、編集委員会において指名された査読者による査読を経ての掲載となります。また「研究誌」には論文だけではなく、本研究会の事業である「朝日高齢者福祉セミナー」の詳しい内容についても掲載しております。